ごあいさつ
大阪市を核とする関西圏は、人口約2,100万人の一大生産消費圏を形成し、首都圏とともに
我が国の産業経済活動の中枢となっており、大阪港は、その中心に位置し、海陸空を結ぶ
総合物流拠点として重要な役割を担っております。

当社は、「国際コンテナ戦略港湾」の政策のもと、平成26年10月に神戸港埠頭株式会社と
ともに、会社分割により阪神港を一元的に運営する主体として阪神国際港湾株式会社(HPC)を
設立いたしました。
これにより、これまで当社が実施してきた外貿埠頭・フェリー埠頭事業についてはHPCに承継し、
当社は保有資産の建設、整備及び維持管理の主体としての役割を果たしていくとともに、国際
コンテナ戦略港湾施策に協力し、HPCと一体となって大阪港の発展に寄与していくこととなり
ました。

今日の大阪湾臨海部を巡る状況として、従来から取り組まれてきた国際物流拠点と成長産業
拠点の形成に加えて、IRの誘致などによる国際観光拠点の形成、さらにはクルーズ客船の母港化
による観光客の増加を目指すことなどにより、臨海地域の活性化が図られようとしています。
臨海地域における大阪港の役割は重要であり、その活性化に向けた取り組みが求められています。
この好機をどのようにとらえ、大阪港を中核とする臨海地域の発展の道筋を見極めてゆくことが
大きな課題となってきています。

今後、当社は、大阪港における外貿埠頭及びフェリー埠頭の建設及び維持管理の主体として
物流関連施設の充実、機能強化に取り組み、阪神国際港湾株式会社への賃貸を通じて、阪神港の
国際競争力強化の一翼を担うことで、大阪圏の産業と国際物流の発展に寄与するとともに、
注目を浴びる臨海地域の核としての大阪港の活性化に貢献してまいります。

引き続き、皆様のご理解とご指導をお願い申し上げます。

平成30年6月28日
大阪港埠頭株式会社
代表取締役社長

樋口 真一


2018.6
Copyright (C) Osaka Port Corporation All Rights Reserved.